So-net無料ブログ作成

ビデオカメラ壊れる [映画/テレビ/オーディオ]

10年前に買ったビデオカメラが壊れてしまった。
液晶モニターが映らなくなってしまったのだが、ファインダーは映るので撮影自体はできた。
しかしもっと大きな問題が後で分かった。再生時に映像と音が乱れるのだ。
昔撮ったテープでも再生時に乱れがあった。
正常なカメラを借りて撮影済みのテープを再生したところ、映像と音に若干の乱れが見られた。
つまり、ウチのビデオカメラは録画と再生に問題があるが、録画したものを他のビデオカメラで再生すればましになる。
借りたビデオカメラを使って、大事なものだけはとりあえずPCに取り込んだ。

もうすぐ娘の七五三なので、ビデオカメラは必要だ。
修理には出すつもりだが、今回の故障をきっかけに買い替え前提で新機種選びをすることにした。

今ウチにあるビデオカメラのメディアはミニDVテープでSD画質。
最近の機種はミニDVでもHD画質での撮影ができるが、ミニDVは一般向けではもう主流とは言えず、HDDかメモリカードに保存するのが主流だろう。
連続でたくさん撮るならHDDだが、大抵はメモリカードで充分だと思う。
舞台などの撮影に使うならHDDで撮るか、メモリーカードを複数用意する必要があるかもしれない。

HDDは大容量だが、衝撃に弱そうなイメージがある。
実用上問題ないように対策がされているのだろうから、それほど気にする必要はないと思うが、重さや消費電力も気になるところだ。
将来的にはSSD搭載とかになるかもしれないが、今のところキヤノンで32GBのメモリを内蔵したiVIS HF11が近いと思う。

メモリカードはSDHCカードが最大32GBで、これが規格での上限らしい。
ソニーが使うメモリースティックPROも規格での上限は32GBだが、今のところ16GBまでしか発売されていない。
メモリーカードには容量の点で不安もあるが、複数枚数を使い分ける方法を取れればなんとかなるだろう。

ネットや雑誌のインプレ記事をいくつか読んだところ、画質はキヤノンとソニーの評判が良いように思えた。
そこで、キヤノンとソニーから機種を絞り込んで妻にカタログを見せたところ、妻はソニーHDR-CX12の「スマイルシャッター」という機能が気になったようだ。
いまどきのビデオカメラで動画撮影中に静止画が記録できるのは珍しくなだろう。
そこに笑顔でシャッターが切れるという、デジカメでは珍しくなさそうな機能を組み合わせたのは今のところHDR-CX12だけらしい。

妻の意見もあってHDR-CX12が最有力候補となったが、動画を撮り終わった後から静止画を取り出すこともできるので、「スマイルシャッター」と言う機能はそれほど重要に思えない。
もう少し選ぶための決め手になるものが欲しいが、悠長に悩んでいる時間もなさそうなので、HDR-CX12を購入しようかと思う。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。